今からが勝負!植物由来の幹細胞コスメで 秋からはじめるエイジングケア

今年の夏は日差しも強く、大変な猛暑だったのは記憶に新しいところ。外出時の直射日光、電車や会社など室内でのよく効いた冷房により肌は大きなダメージを受けています。また、これからの時期は空気が乾いて、肌の乾燥の原因にも。そんなとき、一時的に潤いを補うシンプルな保湿ケアをしがちですが、20代後半からは根本からの改善を目指すエイジングケアをおすすめします。

エイジングケアとは?


ところでよく耳にするエイジングケアとは、どういう意味かご存知ですか?
エイジングは「加齢」を意味し、エイジングケアとは加齢による肌の変化をふまえて年齢に応じたお手入れをすることです。
年齢を重ねるごとに、体力とともに肌機能も衰えていきます。だいたい28歳前後をピークとしてどんどん肌の代謝が落ち始めていき、肌のハリや潤いに必要なコラーゲンやヒアルロン酸の量が減少していくことで「乾燥」、「肌のくすみ」を感じるようになると言われています。
このような老化のサインが出はじめたら、早めのエイジングケアを。

特に今、"植物幹細胞”は、生命力の力強さからエイジンケアの面で注目を集めています。

幹細胞とは?

最近医療やコスメ業界で注目を集めている「幹細胞」。
人間の体は60兆個の細胞からできていて、幹細胞とはその名前の通り、細胞1つ1つのもととなる細胞です。
そして幹細胞には2つの働きがあります。1つ目は様々な細胞に分化する「多分化機能」。2つ目は細胞分裂して同じ細胞をつくり出す「自己複製能力」。

また、肌の幹細胞には表皮を生まれ変わらせる「表皮幹細胞」と真皮を生まれ変わらせる「真皮幹細胞」があります。この2つの働きにより肌を再生していますが、年齢を重ねるとともに2つの幹細胞の再生機能が衰え、ターンオーバーが遅くなることで肌老化の大きな原因とされています。

まさに、肌の元気を司るのが「幹細胞」。
肌の悩みに直接働きかける幹細胞コスメが今注目を集めているのです。

幹細胞には3種類ある!?

化粧品に使用される幹細胞は大きく分けて3種類に分類されます。

○ヒト幹細胞
人の各細胞から抽出された幹細胞で、化粧品には主に皮下脂肪組織から抽出される脂肪幹細胞を使用することが多いとされています。ただ倫理上の問題から化粧品に幹細胞そのものの配合は禁止されているので、培養液に分泌された成分が配合されています。

○動物幹細胞
幼羊の毛根や羊のプラセンタ(胎盤)から採取された幹細胞を使うことが多く、より人の細胞に近いので比較的肌に馴染みやすいとされています。ですがやはり体質によっては拒絶反応がでてしまう可能性があるといわれています。

○植物幹細胞
植物も人や動物と同じように複数の細胞からできていて、傷ついた細胞を再生させる幹細胞が各細胞に備わっています。抗酸化作用やうるおいを保つ効果があるとされています。

この3つの中でも何百年、何千年もの間、さまざまな環境の変化に耐え、成長と再生を繰り返す植物の強靭な生命力を持つ植物の幹細胞に大きな注目が集まっています。
その中でも今注目の2つの植物幹細胞をご紹介。

1つ目はパワープラント幹細胞。

ヨーロッパ沿岸部に生育する稀少な植物「エリンジウムマリチマム(Eryngiummaritimum L.)」から採取された植物幹細胞。肌のハリ、滑らかさ、うるおいを改善し、高いエイジングケア効果の期待できる新世代のエイジングケア原料として注目されています。

2つ目はマリンプラント幹細胞。

ヨーロッパ沿岸部に生育する原始の植物「クリスマムマリチマム(Crithmum maritimum L.)」から採取された植物幹細胞。この植物幹細胞はクロロゲン酸などの成分を含み、肌の透明感を保ちながら、輝きとツヤを与えると期待されています。

植物幹細胞といっても特長は様々。
その上で、肌にやさしいだけでなく、生命力からくる力強さも兼ね備えていますね。
自分のエイジングケアには何が必要なのか、毎日のお手入れに植物幹細胞のコスメを賢く取り入れて、充実した毎日のためのエイジングケアをはじめましょう。

【監修】
オーガニックサイエンティスト
大橋 功 氏
‘90年株式会社シャンソン化粧品入社。大手化粧品会社等のOEM商品制作に携わる。‘05年レノア・ジャパン株式会社へ入社。ブランドマネージャーとして、数々の製品を上市。‘14年株式会社チェントトレンタを設立。オーガニック化粧品から医薬部外品まで幅広いニーズに応える。ほか美容コラムも執筆。

PAGE TOP