Column
洗いすぎ厳禁!ツヤすべ夏肌をつくる洗顔&クレンジング

梅雨もいよいよ後半戦。少しずつ気温の高い日も増え、夏本番まであと少しですね。この時期は、湿度も高くなるのでじっとりと汗をかいたり、皮脂分泌が活発になることで肌のベタつきが気になったりと肌トラブルも何かと増えてきます。不快感をぬぐうために、洗いすぎてかえって乾燥してしまった!なんて経験をした方もいるのではないでしょうか。今回は、いまから夏の肌をしっかりつくっていくための土台づくりとなる“洗顔&クレンジング”をご紹介します。

夏はなんで肌がベタつくの?


ところで、なんで夏の肌がベタつきやすいのかご存知ですか?
気温が高くなることで、体温調節をしようと体は汗をかきます。それにあわせて皮脂分泌も活発になるため、肌表面がテカったり、ベタついたりします。このベタつき・テカリを放っておくと皮脂が酸化して肌トラブルの元となる恐れも。本来、皮脂は肌の水分蒸発を抑え、外からの異物を防ぐ大切な役割を果たします。ほどよい皮脂バランスを保つためにも、適切な洗顔やクレンジングをしていきましょう。

プロが教える洗顔&クレンジング


「洗顔やクレンジングは“必須だけれども、肌に負担をかけやすい難易度の高い行為”」と話すのは、美容皮膚科医の横井彩先生。今回は夏に向けての洗顔やクレンジングの方法を教えていただきました。

クレンジング

クレンジング剤はその日のベースメイクに合わせて選びましょう。しっかり密着するベースならクレンジング力が高いもの、薄めのメイクなら負担の少ないミルクタイプなど、落としたいメイクのカバー力に合わせて選ぶ必要があります。

POINT
心地よい使用感のものだとしても、クレンジングの役目はメイクを落とすことなので、必要以上にマッサージなどを行なってクレンジング剤が肌についている時間が長くならないよう注意しましょう

洗顔

クレンジングの後は洗顔です。
皮脂は本来、洗顔で落としても自然と分泌されるので、ある程度落とすことは大丈夫です。ただ、皮脂をしっかり落とす=洗浄力の高い洗顔料となると、肌に必要な保湿成分も一緒に落としてしまいがちに。皮脂分泌の程度や皮膚の厚さは人によって異なり、また顔の中でも部位によって違います。肌質に適した洗顔料を選ぶことも重要ですが、落としすぎない適切な洗顔方法で健やかな肌づくりをしていきましょう。

  1. まずぬるま湯で油分をしっかり流す
  2. ぬるま湯で流した後もベタベタ感がある部分(額や鼻など)を中心に、よく泡立てた洗顔料で洗う
  3. 目の周りや頬などは、洗い流す際にさっと泡でなでる程度にし、後は洗顔料が残らないよう生え際まで顔全体を十分にそそぐ

POINT

泡がダラっと顔全体に流れてしまわないよう、しっかりした泡を作ることが大切。泡立てが得意でない方や朝の時間のないときなどは、泡立てネットの使用や泡ででるタイプの洗顔料がおすすめです

「洗顔やクレンジングで重要なのは、自分のベースメイクに応じた洗浄力と、保湿成分を落とし過ぎない肌への優しさ、この両方を満たすこと。自分に合った洗顔やクレンジングに出会えると、肌は変わってきます」と話す横井先生。
肌を洗い流すものほど選ぶ手間をかけましょう。洗った時点で保湿成分を落とし過ぎてしまうと、その後に何をつけても肌内部が潤いにくくなります。洗顔後すぐ何かつけないとツッパリ感やヒリヒリ感がある方は、落とし過ぎにより肌本来の保湿機能が低下している可能性もあるそうです。

スキンケアは毎日の積み重ね。“朝は肌を美しくカバーして、夜はやさしくキレイに落とす”を常に意識していきましょう。

【監修】
晴海トリトン 夢未来クリニック 皮膚科 院長
横井 彩 先生

‘03年3月秋田大学医学部卒業後、同年4月より秋田大学医学部 皮膚科・形成外科学講座で学ばれ、’15年8月秋田大学医学部 皮膚科・形成外科学 助教授に就任。’17年4月には藤田保健衛生大学 坂文種報徳會病院総合アレルギー科講師を経て、’18年4月晴海トリトン 夢未来クリニック 皮膚科 院長を務める。肌が健康な本来の状態であることを大事に、アクティブな現代女性こそ「洗顔・保湿」のシンプルケアをと提案している。